【悲報】お前らみたいな“心配性”ほどうっかりしやすいという事実・・・この方法でミス・忘れ物を防ごう!

副業

心配性ほどうっかりしやすい!? 今日からできるミス・忘れ物の防止法|高校生新聞オンライン|高校生を応援するニュース・情報サイト

~(略)~

「無駄遣い」が原因
―うっかりミスをしてしまうのはなぜ?

脳の「ワーキングメモリ(短期的にとどめておける記憶)」は容量が少なく、次々と入ってくる情報を数本の腕でつかんでいるような状態です。新しい情報が入ってくると、そちらをつかむために古い情報からは手を放してしまうので、覚えておこうと思った内容も次から次へと書き換えられることとなり、それがミスの原因となります。
―どうすればミスをなくせるのでしょうか?

脳のメモリの無駄遣いをやめることが大切です。不安や心配、後悔などがあると、脳はそちらに注意を向けるので、他のことに使えるメモリが少なくなってしまいます。気になることを紙に書き出したり、家族や友達に話したりして、悩みに向けている注意を手放すことができれば、その分、別のことに注意が向けられるようになります。

図解ミスが起きる原因↓
http://koo.ismcdn.jp/mwimgs/2/b/495/img_2bcf381fc43abe7415a22955d60d2dd5110279.jpg

ミスのリストを作ろう
―テストのケアレスミスをなくすためにできることは?

自分がミスをしやすいポイントを、あらかじめリストにまとめておきましょう。そして、問題を解き終えたら、リストの項目を一つずつ、その観点だけに絞って見直すようにします。漠然とチェックするのではなく、単位の間違いが多いなら「単位が合っているか」、漢字の書き間違いが多いなら「漢字は正しいか」などポイントを絞ってチェックすると、ミスを発見しやすくなります。

~(略)~

大切なことはすぐにメモ

~(略)~

続きはソースで↓
http://www.koukouseishinbun.jp/articles/-/4614

.article-body a { font-weight:bold; text-decoration:underline; }
続きを読む

Source: ライフハックちゃんねる弐式
【悲報】お前らみたいな“心配性”ほどうっかりしやすいという事実・・・この方法でミス・忘れ物を防ごう!